おすすめの小銭入れがない二つ折り財布【アヤメアンティーコのポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ】

ネット通販でおすすめの本革ブランド『アヤメアンティーコ!』の人気ロングセラーアイテム!小銭入れがない二つ折り財布を紹介します。
その名も『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』!今回はクオリティーが高い小銭入れがない二つ折り財布です。

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ

色:ネロ(ブラック)・マッローネ(ブラウン) 値段:26,000円(税込)

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのディティール

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのディティール
ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのディティール
小銭入れがない二つ折り財布『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』のディティールを紹介します。
デザインは一般的な二つ折り財布になります。長財布に比べてコンパクトなので、パンツのポケットに入れたり、ジャケットのポケットにも収まりがすごくいいです。
大きいサイズの財布よりは、コンパクトで使いやすい財布が好みの人には、おすすめします。
カードポケットも8個あるので、たくさんのカードや免許証などをしまっておくことができますし、それに隠しポケットがあるのが魅力だったりします。
この隠しポケットがあるがために、二つ折り財布を愛用していたのは私です。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの札入れ
『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』の札入れ部分になります。
二つ折り財布なので、お札は真ん中で折れる仕様になります。革素材が柔らかいので大量のお札を入れることができますよ。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのカードポケット
『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』はカードポケットが8個あります。
二つ折り財布の定番のデザインなので、たくさんのカードポケットを設置することができました。
クレジットカードとポイントカードなどをたくさん入れられますね。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの隠しポケット
こちらも二つ折り財布の定番の隠しポケット!
このポケットが重宝している人も多いと思います。
2次的な使い方になると思うので、クレジットカードも普段は使わない予備的な種類を入れておくことになりそうですね。
(それか、彼女や奥さんに見られるとヤバイ!カードや名刺などを入れています。私は・・・。)

 

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの厚さ
厚さ20oなので、厚みを全く感じさせません。
このポルタフォーリオ ピエゲーヴォレには小銭入れが付いていません。だから余計に薄くなっています。
本当にごわつかないで使える薄い二つ折り財布なんですね。
小銭を入れるポケットがないので、小銭入れを別に持つ必要があります。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの仕様

外寸 閉じた時:縦9.5cm×横11.5cm×厚さ2cm

開けた時:縦9.5cm×横21.5cm

ポケット
  • カードポケット×8
  • 札入れ×2
  • 隠しポケット×1
素材 外装:ミネルバボックス 内装:ヌバック、ナイロングログラン(日本製)
重さ 80g

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのカラー

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのネロ(ブラック)
ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのマッローネ(ブラウン)
ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのカラーは全部で2色。

  • ネロ(ブラック)
  • マッローネ(ブラウン)

というラインナップになっています。

 

ブラックは定番カラーで、実際一番売れているのが『ブラック』!スーツでも持ちやすいし、どうしても無難な色として選ぶ人が多いです。はずれることがありませんからね。
そして、『ブラウン』。すこし遊び心が入った落ち着いたブラウンは、堅いイメージがある男性でも優しそうに見える効果があります。
女性受けがいいのがこの『ブラウン』になりますね。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの素材

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレの素材
アヤメアンティーコの二つ折り財布『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』に使われている革素材は、イタリアで古き良き時代から使用されてきた伝統ある『バケッタレザー』になります!
当時は革製品は生活に密着した素材でした。
そもそも『バケッタレザー』とは『植物の渋成分でなめした植物なめし革のこと』意味し、ベジタブルタンニンレザーと呼ぶ人もいます。

 

そのレザーの中でも、イタリアの特徴的な技法を用いて行われ、牛の脚の固形脂を大量に投入してなめしの工程をしたレザーを『ミネルバボックス』と呼び、アヤメアンティーコでは、『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』をはじめ多くのアイテムに使われています。

 

この『ミネルバボックス』の特長として

  • 長時間時間をかけてオイルを浸透させる
  • オイルたっぷりなので乾燥しにくい
  • 時間が経過してもひび割れしにくい
  • 革のコシを保ったまま柔らかくなっていく
  • 風合いのいい自然なシボが本革のレベルを上げる

といったことが挙げられます。
クオリティーが高い二つ折り財布が似合う男性にこそ、使いこなしてほしい本革財布ですね。

 

また、ドラムと呼ばれている巨大な機械の中に革を入れて、回転させることで硬い繊維をほぐし柔軟な革素材にしますし、革素材の表面にシボを作り出すという工程もしているのが、このバケッタレザーになります。

 

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレのヌバックレザー
今回の『ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ』の内装には、完成度が高いの『ヌバックレザー』を採用しています。
このヌバックレザーは、革の銀面と呼んでいる表面を擦り、僅かだけ起毛させた独特の革になるのですが、普段はそのまま使える銀面ですが、アヤメアンティーコではあえて擦るという一手間を加えて、エレガンスな風合いを出しているクオリティーの高い皮革になります。
起毛させたスウェードなどに比べて、ヌバックレザーはサラサラとして手触りになります。

 

矢印アヤメアンティーコ公式サイトでポルタフォーリオ ピエゲーヴォレを見る