おすすめの薄い長財布【アヤメアンティーコのエッレ・ルンゴ】

おすすめの薄い長財布【アヤメアンティーコのエッレ・ルンゴ】

こんにちは。『メンズの財布 最高の逸品がおしゃれ』編集部です。
大人気本革ブランド『アヤメアンティーコ!』に新登場したシリーズ『トラモント』を紹介します。

 

その中でも最上級に位置づけられる薄いL字ロング財布が『エッレ・ルンゴ』です。今回はそのハイクラスの薄い長財布を紹介します。

エッレ・ルンゴ

エッレ・ルンゴ

値段 33,000円(税込)
アマレット(ミディアムブラウン)・ボルゴーニャ(バーガンディ)

『トラモント』とはイタリア語で『夕暮れ時』という意味です。
夕暮れ時の美しい風景を、シックでベーシックな大人のおしゃれとして表現したい!というこだわりのコンセプトで製造されたシリーズとなります。

 

エッレ・ルンゴのディティール

エッレ・ルンゴのディティール
『エッレ・ルンゴ』のディティールを紹介します。
薄いL字ロング財布ということもあり、見た目は、画像から見て取れるように、ベーシックな本革長財布となっています。
お札も小銭もたくさん入りそうですよね。

 

エッレ・ルンゴのディティール
『エッレ・ルンゴ』は、ファスナーで開閉するのですが、上部と片方の側面のみにファスナーがついている仕様になります。
片方の側面のみが開く仕様は、要は開きすぎを抑えることができるんですね。そのため財布の中身を他人に見られる心配がありません。

 

エッレ・ルンゴのカードポケット

エッレ・ルンゴのカードポケット
『エッレ・ルンゴ』は薄いかわりにポケットがたくさんあります。
カードポケットが14個あるので、メインで使っているクレジットカードと、ポイントカードはもちろんですし、それ以外の普段使わいカードや免許証などもしまうことが可能です。
財布はそれなりに開くので、カードも見やすく取り出しやすくなっています。

 

エッレ・ルンゴのオープンポケット

エッレ・ルンゴのオープンポケット
『エッレ・ルンゴ』のもう一つの長所がオープンポケット!
外側の背面のついているので、レシートとかちょっとしたメモを入れて置くのに便利です。わざわざ財布を開ける手間が省けるんですよね。
ただ、外側についているので入れている物を落とす可能性もあります。
落としても問題ない物だけ入れておきましょう。

 

エッレ・ルンゴの小銭入れ

エッレ・ルンゴの小銭入れ
小銭は真ん中のポケットにしまいます。それなりに開くので沢山の小銭を収納することができますし、ポケットのサイズを可能な限り取ってあるので、小銭が大量になってもゴツゴツしないようになっています。

エッレ・ルンゴの横幅

エッレ・ルンゴの横幅
厚さ15oだからすごく薄い長財布です。

 

エッレ・ルンゴのサイズ

エッレ・ルンゴの仕様

外寸 縦9.5p×横20p×厚さ1.5p
ポケット
  • カードポケット×14
  • オープンポケット×1(背面)
  • オープンポケット×2
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1
素材 トラモント(イタリアンレザー)/内装:シルキーヌバック・ナイロンロングラン(日本製)
重さ 150g

 

エッレ・ルンゴのカラー

エッレ・ルンゴのアマレット(ミディアムブラウン)
エッレ・ルンゴのボルゴーニャ(バーガンディ)
エッレ・ルンゴのカラーは全部で2色。

  • アマレット(ミディアムブラウン)
  • ボルゴーニャ(バーガンディ)

というラインナップになっています。
この2色の特長は、イタリアで飲まれているアマレットというお酒と、赤ワインをイメージしたことです。
アヤメアンティーコの他の商品は、色の違いがはっきりとしていますが、この『トラモント』シリーズは敢えて似た色で製造されています。
色選びで迷うことがありませんし、明るすぎる色目はプレゼントで選びにくいという短所もカバーしてくれます。
また、本革アイテムを普段使わない人でも、入りやすい色になっています。
シックな色目の『ミディアムブラウン』とフェミニンな色目の『バーガンディ』は、恋人同士でお揃いで持てたりします。

 

エッレ・ルンゴの素材

エッレ・ルンゴの素材
薄いL字ロング財布『エッレ・ルンゴ』に使われているのは、アヤメアンティーコ完全オリジナルのハイクラスの革素材になります。
革素材の特長として

  • 伝統的なタンニン鞣しにより、素朴な風合いを楽しめる。
  • タンニン鞣しにより経年変化を楽しめる。
  • 表面には細かいシボがあり、ベーシックなデザインの中にアクセントがある。
  • 革本来がもっている香りも楽しめる
  • オイルをたっぷり染み込ませてたオイルドレザーで、しっとりとした手触りで硬すぎないソフトな質感を感じられる。

といったことが挙げられます。
ハイクラスが似合う男にこそ、使いこなしてほしい革素材ですね。

 

エッレ・ルンゴのシルキーヌバック
今回の『トラモント』シリーズの内装には、ハイクラスの『シルキーヌバック』を採用しています。
他のミネルバボックスシリーズでも使われている『ヌバック』をさらに作り込み、銀面の起毛をより細かくすることで、シルクのような手触りを実現した素材!
本体の色と同じ色のヌバックの仕様とされているので、財布を開けた時に見える内側の色も統一感があり、ハイクラスな薄い長財布に仕上がっています。