最高級本革アタッシュケース【オークバーク パディントン】

オークバークパディントンのiキャッチ

こんにちは。今回は、最高級の中でも最高級と位置づけすることができる本革アタッシュケースの『オークバーク パディントン』を紹介します。
ハイクラスのアタッシュケースが似合うビジネスマンは、大きな仕事をしています。仕事を成功させるためにも、大事な仕事道具を入れておくアタッシュケースは、至高の鞄が相応しい。
このアタッシュケースを持ち歩きながら、大活躍しましょう。

オークバーク パディントン

オークバーク パディントン

値段 52万円(税込)
チャコールウッド・ウッドバーン

最高級本革アタッシュケース【オークバーク パディントン】に使われている本革素材

オークバーク パディントン

『オークバーク パディントン』に使われている本革素材は『オーク』といいます。日本では殆ど聞かない名前ですが、欧州では古くから、本革製品に使われていた素材になります。
ですが、革を作るのに非常に手間とコストがかかるために、生産するタンナー自体がなくなってしまい、『幻の革』と言われるようになっていたのですが、本革ブランドの『ココマイスター』が復活させて、日本に紹介したことにより生産されたアタッシュケースになります。
内装にも、オークバークのウルトラスウェードを使っているので、まさにオークバーク100%で作られているアタッシュケースということになります。

 

スッスゴイ...(゚Д゚ノ)ノ

 

しかも、内側はオレンジ色に染色されており、鞄を開けた時の華やかな印象と高級感を演出してくれます。

オークバーク パディントン

ハイクラスのアイテムに使われる色として『オレンジ色』というのが上げられますが、この『オークバーク パディントン』にも例外なく使われています。
カラーというのは買う時に一番気になるし、好みのタイプを選ぶのに迷うポイントですが、ビジネスマンでも持ち歩ける色使いになっています。

 

最高級本革アタッシュケース【オークバーク パディントン】のカラー

『オークバーク パディントン』は、

  • チャコールウッド
  • ウッドバーン

の2色あります。

 

こちら『チャコールウッド』。

オークバーク パディントン3

ブラックとブラックの組み合わせで、定番中の定番アイテムとして使えます。

 

こちら『ウッドバーン』。

オークバーク パディントン4

個性を出すなら『ウッドバーン』ですね。
カジュアルな印象で持てて、派手目ではなくて、おしゃれな鞄がが好きな人におすすめです。

 

(・∀・)イイ!!

 

オークバーク パディントンのディティール

オークバーク パディントンの外寸

オークバーク パディントンの金サテー

外寸 縦32.5・横43.8・厚み11.5(cm)
重さ 2448g
金具 金サテー

オークバーク パディントンのディティール』になりますが、厚みが11.5cmもあり十分な収納力があります。

 

オークバーク パディントンの持ちて

持ちて 縦6・横14・厚み1.8・立ち上がり3.8

 

オークバーク パディントンの内寸

内寸 縦29.6・横40.8・厚み9.7(cm)

 

オークバーク パディントンのディティール

マグネット付ポケット×1 深さ23・横38.5・厚み3.5(cm)
フリーポケット×3 深さ9・・横11.5(cm)
カードポケット×2 深さ5・横10(cm)

スマートにかっこよくいきましょう。大人の男はね。
v( ̄∇ ̄)v

 

オークバーク パディントンの口コミ・評価・評判を紹介

オークバーク パディントンの口コミを紹介します。最高級のアタッシュケースだから、手にした時に予想以上の完成度を皆さん実感しています。

男性:60代(福岡県) 私用 ★5つ

しっかりした作りで、蝋の浮いた表面を見ていると、クロスで磨きながら変化して行くのが楽しみです。 (公式サイトより)

男性:60代(宮崎県) 私用 ★5つ

革製品、特に鞄が好きで、以前からココマイスターのホームページも閲覧していましたが、今回上京したときにようやく実物を確認することができました。そして一目見ただけで、別格の革質と作り込みの良さに惚れ惚れしてしまいました。海外有名ブランドの商品に、これに匹敵するだけのものを見つけることは今や困難であり、もし見つかっても非現実的な価格になっているはずです。自分の国において、このような紳士の鞄が作られていることは誇らしく感じます。
予定外の出費だったのですが、店員さんの感じがとても良かったこともあって、やっぱり購入して帰ることになりました。 (公式サイトより)

男性:50代(千葉県) 私用 ★5つ

以前よりホームページで見て、気に入っておりました。実際に届いてみると、意外に軽いことに驚きました。内外装の色や質感も自分の好みにピッタリです。
アタッシェケースは普段の仕事用としては使用し難いですが、実際に持って外に出てみたいと思ったので、それなりに相応しいと思える業務の際に使用したいと思います。
今回、内装の色が決め手となり、チャコールウッドを選択しましたが、ウッドバーンについても外装色としては秀逸ですので、他の内装色のものも、是非企画していただけるようお願いします。 (公式サイトより)

 

最高級本革アタッシュケース【オークバーク パディントン】はこちら