長財布メンズで人気のブランドアイテムを紹介

長財布メンズで人気のブランドアイテムを紹介

人気ブランド『ココマイスター』は財布が大人気です。長財布の人気アイテムを紹介します。
ヾ(*^v^)ノ

ブライドル アルフレートウォレット ブライドル ブレンデルウォレット マットーネ マルチウォレット

ブライドル アルフレートウォレット

カラー:ブラック・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ダークネイビー・ロンドンキャメル・スイスレッド・ヘーゼル  かっこいい! 値段:31,500円(税込)

ブライドル ブレンデルウォレット

カラー:ブラック・ダークネイビー・モスグリーン・ロンドンキャメル・スイスレッド・ロイヤルブラウン・ヘーゼル 値段:28,000円(税込)

マットーネ マルチウォレット

カラー:オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ・オリーブ・ブルーハワイ 値段:27,500円(税込)

コードバン ラウンド長財布 ナポレオンカーフ アレクサンダーウォレット

コードバン ラウンド長財布

カラー:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:54,000円(税込)人気商品

ナポレオンカーフ アレクサンダーウォレット

カラー:ブランデー・マットブラック・オリーブ・マゼランブルー・ボルドー 値段:31,000円(税込)

ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット マットーネ ミニラージ ナポレオンカーフ アレッジドウォレット

ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット

カラー:マットブラック・ブランデー・マゼランブルー・ボルドー・オリーブ 値段:32,000円(税込)

マットーネ ミニラージ

カラー:オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ・オリーブ・ブルーハワイ 値段:18,000円(税込)新作商品

ナポレオンカーフ アレッジドウォレット

カラー:マットブラック・ブランデー・マゼランブルー・ボルドー・オリーブ 値段:34,000円(税込)

 


 

ジョージブライドル バイアリーウォレット ジョージブライドル ロイヤルウォレット

ジョージブライドル バイアリーウォレット

カラー:ブラック・ダークネイビー・ロイヤルブラウン・ボルドーワイン・ヘーゼル・モスグリーン 値段:43,000円(税込)

ジョージブライドル ロイヤルウォレット

カラー:ブラック・ダークネイビー・ロイヤルブラウン・ボルドーワイン・ヘーゼル・モスグリーン 値段:50,000円(税込)

ブライドル グランドウォレット ブライドル インペリアルウォレット

ブライドル グランドウォレット

カラー:ブラック・ダークネイビー・モスグリーン・ロンドンキャメル・スイスレッド・ロイヤルブラウン・ヘーゼル 値段:32,800円(税込)

ブライドル インペリアルウォレット

カラー:ブラック・ダークネイビー・モスグリーン・ロンドンキャメル・スイスレッド・ロイヤルブラウン・ヘーゼル 値段:31,500円(税込)

 

クリスペルカーフ カシウスウォレット コードバン通しマチ長財布 マットーネ オーバーザウォレット

クリスペルカーフ カシウスウォレット

カラー:ロイヤルブラック・ダークブラウン・新色グランツネイビー・シャルトープ 値段:63,000円(税込)

コードバン通しマチ長財布

カラー:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶)新作 国内最高級のコードバンを使用 値段:45,000円(税込)

マットーネ オーバーザウォレット

カラー:オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ 値段:40,000円(税込)

 

メンズの長財布を選ぶとしたら、キーポイントがあって、それは『ハンド メイド』という点です。
熟練技をもつ職人が手作りしている製品は、細部にまでこだわった革細工として財布が完成します。

 

今、人気のブランド『ココマイスター』も、日本の熟練職人による『ハンド メイド』で商品を生産しています。最高級の革素材を扱うには、最高の技術をもつ日本の職人技に限ります。デザインがベーシックなだけに、細かいディティールまでこだわって作られているココマイスターの商品は、『MADE IN JAPAN』の現代の革細工として、クオリティーの高い完成度に仕上がっています。

 

大人の男なら、自分の相棒になるような最高級の革製品を使いこなしたいですよね。
ココマイスターを一生に一度は使って見る事をおすすめします。(・∀・)

 

最高級の素材を使っている財布によくある特長でもあるのですが、素材が最初の頃は硬いです。長財布の場合だと、開閉する時に素材の硬さを感じて『使いづらい・・・』って思いがちなんですが、それは最初だけです。
(。-`ω´-)キッパリ!! 

 

使えば使うほどに『自分の使いやすいように柔らかくなっていきます
これが経年変化を楽しむってことなんですね。
(・∀・)

 

時間をかけて自分好みに仕上げるのが、大人男子の楽しみ方です。