コードバン 財布

ココマイスターのコードバン財布

ココマイスターのコードバンは国内最高級の素材を使用しています。
一頭の馬から取れる量が限られているから、素材自体は希少性が高い為、大量生産出来ないから人気があるアイテムになります。

 

皮革自体の繊維が非常に細かくて緻密なので、強い強度がありますし、最初は硬さを感じると思います。
しかし、使えば使い込む程に手に馴染んできますし、光沢が輝いてきます。

 

素材も丈夫だから長く愛用できる逸品なんです

ココマイスターコードバン財布

 

ココマイスターのシェルコードバンシリーズ

ココマイスターのシェルコードバンシリーズ

そんな『ココマイスター』のコードバンシリーズの財布、ビジネスアイテムを紹介してみたいと思います。最初は、新作コードバンシリーズの『シェルコードバン』。
シェルコードバンシリーズ』は深みのあるカラーがかっこいいシリーズとなっています。米国の名門ホーウィン社のコードバンを使って作られているのですが、ホーウィン社のコードバンは最高級の革素材なんです。
その革素材を基に日本の職人さんの高度な技術で製造されています。長財布・二つ折り財布・小銭入れ・名刺入れと一通り揃って発売中です。世界的に見ても入手困難なコードバンの革素材なんですが、その中のホーウィン社の革素材はさらに入手困難です。
そのコードバンをこれだけアイテム数作れる量を、買い付けたことが『ココマイスター』の凄さです。

 

ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!

 

在庫自体はごく少量なので、サイトを見て在庫があったら、それは運命の出会いです。

シェルコードバン アーチデューク シェルコードバン スタンフォード

シェルコードバン アーチデューク

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:12万円(税込)

シェルコードバン スタンフォード

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:95,000円(税込)

シェルコードバン ジョンブル シェルコードバン ヴァランテ シェルコードバン サルトラム

シェルコードバン ジョンブル

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:78,000円(税込)

シェルコードバン ヴァランテ

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:38,000円(税込)名刺入れ

シェルコードバン サルトラム

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:50,000円(税込)小銭入れ

 

コードバンで有名なアメリカのホーウィン社は1905年にイリノイ州シカゴで創業しました。
100年の伝統を誇る世界的に有名なタンナーになります。
創業以来変わらぬ製法を用いて、手作業による鞣しにより生み出されるコードバンの革素材は、世界中で選ばれています。
ホーウィン社は『世界で一番のレザーを作る』ことを掲げていますし、コードバンのタンナーとして不動の地位を築いたのです。
その徹底した品質管理は、どんな些細なことにも妥協をしないのです。だからこそ、世界中で評価される美しくて繊細でありながらも、屈強な特長をもつコードバンを作りだしているんです。
世界最高級のコードバンを生産することをモットーに100年以上変わらぬ伝統的な手法で、今現在も良質なコードバンを製造し続けています。

 

 

ココマイスターのマイスターコードバンシリーズ

ココマイスターのマイスターコードバンシリーズ

次に紹介するのが『マイスターコードバンシリーズ』です。古くから伝わる日本の伝統製法の『水染』の技術をもってして製造されている革素材が『マイスターコードバン』。日本製のコードバン素材になります。
美しい光沢がある『良い表情』をしているのが特長。

 

国産のコードバンは素材の生産量が少ないので在庫も少なく、ココマイスターのコードバンのアイテム達も少量生産なので希少価値が高いんです。だから、サイトを見て在庫のあったら買うチャンスです。

 

こちらも長財布・二つ折り財布・小銭入れ・名刺入れと一通り揃っています。

マイスターコードバン スカイスクレーパー マイスターコードバン ハイフライヤー

マイスターコードバン スカイスクレーパー

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:70,000円(税込)

マイスターコードバン ハイフライヤー

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:67,000円(税込)

マイスターコードバン ラスティング マイスターコードバン ブレイズ マイスターコードバン ラウンドヘッド

マイスターコードバン ラスティング

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:48,000円(税込)

マイスターコードバン ブレイズ

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:28,000円(税込)名刺入れ

マイスターコードバン ラウンドヘッド

色:ブラック・ボルドーワイン 値段:26,000円(税込)小銭入れ

 

 

ここからは、ロングセラーで売れている定番のコードバンシリーズです。

コードバンラウンド長財布 コードバン薄型長財布 コードバン長財布

コードバンラウンド長財布色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:54,000円(税込)
希少性の高いコードバンをふんだんに使って作られているラウンド長財布は、贅沢なつくりとなっています。コードバンシリーズの中でジップを採用している唯一の製品です。

 

この美しいフォルムと素材の高級感は、男の品格を上げてくれる逸品です。内側にヌメ革を使用する事により、総革仕様となっていて製品のクオリティーの高さが伝わります。

コードバン薄型長財布色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:45,000円(税込)
長財布を持つなら『かっこよくスマートに持ちたい!』 そんなメンズにおすすめの薄型財布となります。
薄くてシャープなオーラを醸し出している長財布はかっこいいです。

 

小銭を入れるポケットもありますが、よりシャープな印象を出した方が、かっこいいから、小銭入れを個別にもって使い分ける持ち方をオススメします。コバの仕上がりも非常にキレイです。

コードバン長財布色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:43,000円(税込)
長財布の定番中の定番のデザインをしているアイテムになります。デザインはとにかくシンプル!無駄な物を全て省いてあります。その分、素材の良さと職人の技術が、より表現されているのです。使い込む程に、持ち主独特の使い方の変化を我々に見せてくれます。

 

自分だけの世界に一つだけの財布になるから、より愛着が湧いてきますし、一生手放せないアイテムになりますね。

コードバン2つ折り財布 コードバン馬蹄小銭入れ コードバン名刺入れ

コードバン2つ折り財布色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:37,000円(税込)
ココマイスターは、長財布だけでは無いのです。2つ折り財布も扱っています。もちろんコードバンにも2つ折り財布があります。ポケットの中にすっぽり入る2つ折り財布は、活動的なメンズにおすすめです。

 

コードバンは強度があるから、タフな使い方にも耐えられるクオリティーになっています。荷物が少なくて身軽でアクティブタイプのメンズにおすすめの逸品です。

コードバン馬蹄小銭入れ色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:20,000円(税込)
長財布をかっこよく使いこなしたいなら、小銭入れと併用する事をおすすめします。財布のシルエットを崩す一番の原因は、大量の小銭です。だから、小銭入れの中に入れてしまえば、長財布のフォルムが崩れる事がありません。

 

財布と小銭入れを別々に使い分ける事で、皮革に与えるダメージを減らす事ができるから、より一層長い期間、愛用することができます。馬だから馬蹄のデザインもGood!

コードバン名刺入れ色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:23,000円(税込)Web限定
名刺入れはビジネスマンの必須アイテム!自分の分身の名刺を入れるアイテムだから、よりクオリティーの高い入れ物を使いたいですよね。いくら長財布がかっこよくても、名刺入れがイケてなかったら、まとまる仕事もまとまりません。

 

かっこいい名刺入れはビジネスマンとしての自信の表れでもありますし、胸をはってかっこよく仕事する男でありたいですよね

コードバン通しマチ長財布 マイスターコードバン サンシモン

コードバン通しマチ長財布
色:黒鹿毛(漆黒)・鹿毛(こげ赤茶) 値段:45,000円(税込)
通しマチのデザイン(入口から奥までマチが通っています)なので、お札・小銭ともに収納力は抜群です。それでいて厚みを感じさせないスマートなデザインは職人のなせる技ですね。かっこいい(・∀・)

マイスターコードバン サンシモン

色:フォーマルブラック・ダークボルドー 値段:35万円(税込)WEBと並木通り店限定の新商品
コードバンの素材を使った鞄は珍しいです。素材自体が希少性が高いので、コードバンの生地を大量に使う鞄はレアなアイテムです。紳士のみが持つことを許される鞄ですね。

 

 

ココマイスターのコードバンはかっこいい財布

ココマイスターのコードバンにはさまざまな革製品があります。そんなココマイスターの『コードバン』のなかに、革細工と呼べるくらい、すばらしい製品があって、それは『コードバン通しマチ長財布』です。
最高級のコードバンを使用して作られているこの長財布は、重厚感と気品とを兼ね備えています。
(ちなみに、ヨーロッパの素材を採用しているココマイスターですが、コードバンは日本国内の最高級の素材を採用しています)

 

通しマチと名前が付けられているだけあって、お札入れのポケットの部分がマチになっている構造なのですが、マチがポケットの入口部分から、ポケットの奥まで同じサイズで作られています。
よくあるパターンに入口のマチのサイズは大きく取ってあるけれど、ポケットの奥のマチが無いデザインの財布があります。そのような作りだと容量が少なくなります。

 

この『コードバン通しマチ長財布』は、ポケットの入口から奥まで同じサイズのマチとなっているから、お札は何十枚も入りますし( ̄▽+ ̄*)キラーン! 小銭も入れる事ができます。
(小銭入れ専用のポケットでは無い為、多くのの小銭を入れたい時は、別売りのコードバン馬蹄小銭入れを持つ事をおすすめします)
マチがしっかりしていて機能面でも充実していますし、なにより見た感じがかっこいいんです。
この長財布を横から見たときの立体的なフォルムは本当にかっこいいんですよね。(^ε^)♪ もともとのデザインがシンプルだから、スマートな長財布にセンスを感じる部分でもあります。
ココマイスターの財布はかっこいいです。そういうアイテムを常に身に付けていると、男としての自信が湧いてきますし、仕事も一生懸命取り組めますし、遊びも思いっきり楽しむ事が出来る男になれます。
男が楽しく前向きにしていると、女も楽しくなりますし好意を寄せてくれます。

 

一度の人生だから、思う存分楽しい人生を送りましょう。ココマイスターは、そんな人生を後押ししてくれる至高の逸品です。

コードバンとは

『コードバン』っていうのは革製品の差材で、昔から使われている定番の素材です。本革の事をよく知らない人でも『コードバン』っていうキーワードなら耳にしたことあると思います。そのくらい有名ですね。

ココマイスター コードバン

 

元々はヨーロッパで使われていた素材です。コードバンは馬の革になるんですが、そもそもの名前の由来はというと、スペインのコルドバ地方で生産されている山羊革(コードバン)に似ているという理由から、同じく「コードバン」と呼ばれるようになったというのが定説です。

 

近年の日本のファッション業界では、アメリカ製のコードバンの革製品をセレクトショップで取り扱って紹介されていました。。(オールデンとかね)

 

ココマイスターでもブランド設立当初からあるシリーズです。現在、コードバンの素材自体は、生産量がすごく少なく流通量も限られている為、希少価値が高い革素材となっています。(馬のお尻の一部分の革のみがコードバン素材として扱われているからです。それ以外の場所はクオリティーが落ちるからコードバンにはなれません)

 

希少価値の高い革であるので、コードバンの別名は「革のダイアモンド」「幻の革」と呼ばれているそうです
(と、言ってもフツーの人は使いませんけどね。アパレル業界とか玄人の人たちが使うフレーズです。)

ココマイスター コードバン2

 

素材の生産数が少ないということなんですが、ココマイスターもそのあおりを受けていて、他のシリーズのアイテムに比べて生産数が極端に少ないです。(そもそも素材が手に入らないからね)
そのため、ブランド設立当初からあるコードバンシリーズは、在庫が無い状況がほとんどです。たまにコードバンの革素材が手に入り、財布とかのアイテムを生産して再販倍できても、あっというまに完売してしまいます。(欲しい人が非常に多いってことですね)

 

最近は、アメリカのシカゴの名門タンナーのホーウィン社のシェルコードバン素材や、日本製の水染め素材のマイスターコードバン素材などを使ったアイテムが充実していますし、よく販売されています。

 

と言っても、希少価値が高いことには変わりがないので、在庫数は少ないほうですし、お値段もそういうお値段になっています。

 

でも、それなりにクオリティーは最高のレベルですので、機会があれば使ってみるといいですよ。
(^O^)/